四季のうつろいと晴山

 
あんずの花を皮切りに、桜、チューリップジャーマンアイリスと春の千曲市は花々で彩られる。特に有名なのが、当館から車で15分位の所にある、一目10万本といわれるあんずの里が有ります。

4月初旬には、写真コンテスト、ほかライトアップなども開催されます。また、しなの鉄道戸倉駅東側に公園が有り、日本最大級の天狗像がシンボルで桜の花で埋め尽くされます。
4月上旬から当館裏の城山も桜の花で彩られ、お風呂からの眺めは素晴らしいです。
5月中旬には、当館から15分くらいの所の倉科地区では約1haの花園に約400種ジャーマンアイリスが咲き誇る。入園無料。
5月のGW最終日には、牛に引かれて善光寺詣りのイベントが開催されます(総勢100以上)。上山田温泉を早朝出発して長野の善光寺まで牛を引いて歩きます。(お昼頃到着予定)

4月上旬から6月中旬まで、川魚料理の小屋が千曲川河川敷に並びます。産卵場に(つけ場)に集まるハヤを捕獲しその場で食べさせる「つけば漁」は有名です。
5月の下旬には、おばすて棚田(絶景日本100選に推薦)でオーナー制の田植えもございます。
6月下旬から7月上旬まで、あんずの里であんずの実を味わえる。ジャムやシロップ漬け作り体験が行われ、持ち帰ることもできます。

7月の海の日の直前の土日に、上山田温泉夏祭りが開催されます。芸鼓の木槍、若連神輿、御神体神輿、勇獅子などが温泉内を練り歩いて競演します。祭りの最後には、地元の太鼓が華を添え、祭りの最後には、当館裏の城山で大煙火大会が催されます。
8月7日は、山が揺れるほどの大音響が迫力のある煙火の祭典がございます(約1万発)
8月中旬から11月下旬まで地元のリンゴ狩りが有り、特に信州ふじは最高に美味しいです。
中秋の名月の頃にはおばすて観月祭が開催されます。姨捨から眺める月は「田毎の月」として有名です。(当館から車で約15分)
観月祭には全国から句が寄せられます。
また、旅館組合、青年部、女将会等でガイドをする姨捨夜景ツアーも適時行っております。
国の重要文化財指定「姨捨の棚田」では11月初旬頃、素晴らしい紅葉の風景が見られます。

さらに10月初旬頃から地元の山では、ジコボウ(ハナイグチ)キノコが採れ、お客様にご提供しております。
ジコボウは、ぬめっとしていて歯ごたえのある美味しいキノコで好評を得ています。
12月、あんずの里アグリパークでの″いちご狩り″もお勧めです。(12月~6月)
12月は一面が銀世界に変わり、温泉三昧がお勧め。出ては入ってを繰り返し1日中、ゆったりと過ごして頂きたいと思います。

また当館から約15分くらいの所にあります武水別神社では、12月10日から14日までの5日間、豊作を祝う収穫祭が開催されます。(国の無形民俗文化財指定)
最後にこの時期は外湯めぐりもおすすめです。(8つの外湯がありますが特に瑞祥が推薦)

スマートフォンサイトからもご予約が可能です。上記の二次元コードを読み取りアクセスができます。